未来につながるRiverDo!


伝え受け継ぐ平和がある

伝え方受け継ぎ方は

ちがっても心のおもいは

いつもひとつ

いたわるきもちわすれない

祈るきもち大切に

光を影を知ることで

平和の祈りは未来へ届く

平和の祈りは世界へ届く

過去を未来につなげる平和

それはいつも光と影のそばにある

PADDLE for PEACEとは?

広島は被曝76年を迎え、次の節目の100年に向けて新しいステージに向かって行きます。75年間は草木も生えないと言われた被曝の惨禍を乗り越えて来た市民の底力や、平和の力を "漕ぐ" という行為をとおして世界に発信しましょう。広島のパドラーと国内や世界中のパドラーが思いを共にして川や海や空の繋がりを讃える。漕げば漕ぐほど平和な気持になったり街がきれいになる活動です。

太田川で漕ぐ意味を少しでも多くのパドラーに深めていただきたいと思っています。

活動内容


・平和の祈り

・雁木清掃

・川辺 川底清掃

・灯籠流し

平和の祈り 7/25
被爆犠牲者への鎮魂の意を示すとともに水で繋がっている世界中のパドラーに広島から平和への思いをとどけます。
7/25の早朝、原爆ドーム前の元安川で行います。

雁木清掃 8/1

8.6にむけて平和公園付近(親水雁木は業者が行うため除く)の雁木の清掃を行います。
梅雨による泥のぬめりで燈籠流しの参加者や観光客が滑って怪我をしないようにします。

川辺・川底清掃 7/18

川辺はもとよりSUPでしかできないような葦原の中や川底に沈んだBBQコンロや自転車などを引き上げたり。川に浮いているペットボトルやビニール等の回収をします。

灯籠流し誘導 8/6

8.6の燈籠流しの際に、灯籠が雁木にひっかかったものを誘導したり、倒れたのをおこしたり、密集したものに引火して燃え上がったりしたものに柄杓で水をかけて消火する作業です。SUPの機動性を活かしたボランティア活動です。

コラボレーションイベント


Molokai 2 Oahu × River Do!

広島市内16マイルチャレンジ!

世界最高峰の大会にモロカイチャレンジにエントリーしましょう。昨年と同様コロナで中止になったM2Oに変わってバーチャルM2Oが世界各地で開催されます。広島でもM2Oと同日の7/25にコラボイベント”Molokai 2 Oahu × RiverDo! 広島市内16マイルチャレンジ”と”Paddle for Peace”を開催します。全員がM2OのオフィシャルTシャツとキャップを被って原爆ドーム前に集合して黙祷したのちスタートします。広島から被曝の惨禍を乗り越えて来た市民の底力や、平和への思いを"漕ぐ"という行為をとおして世界に発信しましょう。全員がM2O大会の公式Tシャツとキャップを被って原爆ドーム前に集合してスタートします。自分自身に挑戦し、ベストをつくし、その瞬間を楽しみましょう。世界中のパドラーとともにコロナの荒海の向こうのブルーオーシャンをめざして!

MAGICISLANDでまとめてのエントリーの受付は終了しました。
広島市内16マイルチャレンジはM2O Virtualにエントリーされて
いなくても参加できます。

モロカイ2オアフパドルボードワールドチャンピョンシップバーチャルエディションとは?

ポリネシア人の祖先が海流、風、星だけに導かれて何千マイルも続く外洋を航海して以来、その精神と業績を称えた世界で最もチャレンジングなパドルレースです。しかしその世界最高峰の海峡横断レースも新型コロナウイルスの影響で中止になりました。そこで、その代わりにモロカイ2オアフパドルボードワールドチャンピョンシップバーチャルエディションが開催されました。
この取り組みはレースが開催されるはずだった7月23日から25日の週末に世界中のパドラーがおもいもいの道具でおもいおもいの場所を16マイル(25km)を漕ぐというイベント。世界中のパドラーが、モロカイ海峡を渡る世界のアスリートパドラーと思いを共にして、海や、自然や人のつながりを讃える夢のような素晴らしい取り組みです。

2020 M2O VIRTUAL  に世界から参加した皆さん

2020 M2O VIRTUAL  SNSの表紙

●参加クラス:

・一人で25kmを漕ぐクラス
・二人ひと組で合わせて市内一周25kmを漕ぐクラス(パートナーをお探しの方はご連絡ください)
・一人で別々の日に合わせて市内一周を2回で25kmを漕ぐクラス

●参加資格:
・自己責任に置いて安全にコースを漕ぎきれるかた。12km以上漕いだことがない方の参加はご遠慮ください。
・M2Oバーチャルエディションにエントリーされてなくても参加可能です。

 

●参加費:

・無料

 

●スケジュール:
・7/25(日)スポーツの日
 6:30 旧広島市民球場跡地西側の川辺集合
 7:00 原爆ドーム前スタート

   各クラスのコースを周回後、旧広島市民球場跡地西側川辺の雁木がゴール


●コース

・下記

●注意事項:

Molokai2Oahu公式Tシャツとキャップをお持ちの方は PADDLE for PEACE のコラボステッカーとバッチをつけて漕ぎます。
携帯のNAVItabiアプリを使用し登録者全員のログを見ながら漕ぐことができます。
ギャラリーもアプリで選手の位置情報を確認することができます。
参加することに意義があるイベントです。レースではないので休憩を挟んで楽しみながら自分のペースで漕ぎましょう。
任意参加のイベントなので主催者は一切の責任を負いません。
安全管理、熱中症対策は各自責任を持ってお願いします。

途中でリタイヤした場合は主催者に連絡してください。

(当日の緊急連絡先 082-234-1144 責任者に転送されます)

●必須携行品:
携帯電話、ハイドレーション、浮力体、行動食、お金

 

●8mile/12.8kmクラス

7:00に原爆ドーム前をスタートして、元安川を下り宇品へ。通称、市内一周と言われている反時計回りのコースですが、今回は広島駅前から猿猴川に入り猿猴橋の橋脚を回って再び京橋川にもどり白島を経由して旧広島市民球場跡地西側河岸の雁木のゴールを目指します。

所要時間:2時間~3時間半

●16mile/25.7kmクラス
7:00に原爆ドーム前をスタートして、本川を下りいったん海に出たあと天満川を登って横川へ、もう一度原爆ドーム前を通過して元安川を下り宇品へ。さらに京橋川を上り広島駅前から白島を回り旧広島市民球場跡地西側河岸の雁木のゴールを目指します。
所要時間:3時間半〜6時間



去年も開催した「ヨガでつながる×RiverDo!」が今年は「YOGA for PEACE × RiverDo!」として開催決定!コロナ禍により人々のつながりが気薄になっていることからココロとカラダの結びつきの大切さをあらためて感じていただくために、心地よい川風がわたり、ウイルスからも距離をおけ、広島の美しい街並みや太田川を見下ろすことができるおりづるタワーの最上階”ひろしまの丘”で開催します。ヨガを体験したことのない方もご参加いただきたい楽しいイベントです。ヨガの後はみんなでコロナや災害からの復興、平和の祈りを込めた鶴を折って、"おりづるの壁"に投入します。

 

おりづるタワー

https://www.orizurutower.jp 

日程:2021年7月25日(日) 8:30-スタート(受付時間 : 8:00-8:25)
料金:¥3000(入場料・ヨガ)+折り紙¥100 (イベント会場入口にてお支払いください)
定員:30名
メイン会場:  旧広島市民球場跡地西側の川辺
ヨガ会場:おりづるタワー最上階「ひろしまの丘」
正面玄関は閉まっています。電鉄屋通り側の北口受付(おりづるの壁の隣)からタワーに入場してください。
備考:受付時間に遅れると入館できません。
※ ヨガマットをご持参ください。 

活動内容


・平和の祈り

・平和公園川辺清掃

 

平和の祈り
おりづるタワーの最上階「ひろしまの丘」にて心地よい川風がわたるこの空間で、ココロとカラダの結びつきの大切さをあらためて感じるように皆でヨガをするイベント。そして今いる自分たちの平和について一人一人が気付いていくように、その思いを折り鶴にのせておりづるの壁に投入します。

会場アクセス

Access

開催場所:旧広島市民球場跡地西側の川辺

Main Venue: West Bank of the Former Hiroshima Municipal Baseball Stadium

*ご来場の皆様へお願い
・状況に応じてマスクの着用をお願いします。
・熱や咳などの風邪の症状や、体調がすぐれない方は来場をお控えください。
・十分なスペースをとって川辺を楽しみましょう。