#RiverDo!

2020  7/24  イベントプログラム


Events: July 24, 2020

 

http://www.molokai2oahu.com/

世界最高峰の海峡横断レース"モロカイチャレンジ”にこれまで35回の日本人最多出場を誇るリアルオーシャンアスリートの荒木さんから応援メッセージをいただきました。
■荒木汰久治(あらきたくじ)46才、Kanaka沖縄主宰

世界最高峰の海峡横断レース"モロカイチャレンジ"に、サーフスキー、カヌー、プローンパドルボード、SUP、Foilとこれまで35回の日本人最多出場を誇る。国内ではライフセービングとSUP、異競技で全日本選手権を優勝。41才で全日本SUP選手権、史上最年長優勝。現在は息子・珠里のコーチを努めながら現役アスリートとしてレースに出場を続けている。2003年にはじめて沖縄を訪れ移住。大自然に囲まれた沖縄本島北部の海岸で子育てしながら長男・珠里とともに海峡横断や世界最高峰M2Oへ出場を続ける。

荒木珠里(あらきしゅり)14才、緑風学園8年生

物心つく前から漁師の祖父、そして父の影響で海遊びを始め小学2年から外洋へ漕ぎ出した。将来はSUPでオリンピックの金メダリスト、そしてモロカイレースの世界チャンピオンという夢を追いかける中学2年生。昨年5月、史上最年少でモロカイチャレンジへ挑み、錚々たる大人の海外エリート選手に混じり総合7位(日本人では最高順位)に食い込んだ。幼少の頃から天性の才能で、ブレない軸としなやかで力強い漕ぎを習得、FoilとSUPパドリングの両方で世界での活躍が期待される。

世界へつながるRiver Do!

Molokai 2 Oahu × River Do! 広島市内一周チャレンジ

モロカイ2オアフパドルボードワールドチャンピョンシップはポリネシア人の祖先が海流、風、星だけに導かれて何千マイルも続く外洋を航海して以来、その精神と業績を称えた世界で最もチャレンジングなパドルレースです。
しかしその世界最高峰の海峡横断レースも新型コロナウイルスの影響で中止になりました。

そこで、その代わりにモロカイ2オアフパドルボードワールドチャンピョンシップバーチャルエディションが開催されました。

この取り組みはレースが開催されるはずだった7月24日から26日の週末に世界中のパドラーがおもいもいの道具でおもいおもいの場所を16マイル(25km)を漕ぐというイベント。

世界中のパドラーが、モロカイ海峡を渡る世界のアスリートパドラーと思いを共にして、海や、自然や人のつながりを讃える夢のような素晴らしい取り組みです。

そして広島は今年被曝75周年を迎えます。75年間は草木も生えないと言われた被曝の惨禍を乗り越えて来た市民の底力や、平和の力を"漕ぐ"という行為をとおして世界に発信しましょう。全員がM2O大会の公式Tシャツとキャップを被って原爆ドーム前に集合してスタートします。自分自身に挑戦し、ベストをつくし、その瞬間を楽しみましょう。世界中のパドラーとともにコロナの荒海の向こうのブルーオーシャンをめざして!

●参加クラス:

・一人で25kmを漕ぐクラス
・二人ひと組で同時に合わせて市内一周25kmを漕ぐクラス(パートナーをお探しの方はご連絡ください)
・一人で24日、25日と合わせて市内一周を2回で25kmを漕ぐクラス

●参加資格:
・自己責任に置いて安全にコースを漕ぎきれるかた。12km以上漕いだことがない方の参加はご遠慮ください。
・M2Oバーチャルエディションにエントリーされてなくても参加可能です。

 

●参加費:

・無料

 

●スケジュール:
・7/24(金)スポーツの日
 7:30 旧広島市民球場跡地西側河岸集合
 8:00 原爆ドーム前スタート

   各クラスのコースを周回後、旧広島市民球場跡地西側河岸の雁木がゴール

・7/25(土)
   任意

 

●注意事項:

Molokai2Oahu公式Tシャツとキャップをお持ちの方は River Do! のコラボステッカーとバッチをつけて漕ぎます。
携帯のNAVItabiアプリを使用し登録者全員のログを見ながら漕ぐことができます。
参加することに意義があるイベントです。レースではないので休憩を挟んで楽しみながら自分のペースで漕ぎましょう。
任意参加のイベントなので主催者は一切の責任を負いません。
安全管理、熱中症対策は各自責任を持ってお願いします。

途中でリタイヤした場合必ず主催者に連絡してください。

(当日の緊急連絡先 082-234-1144 責任者に転送されます)

●必須携行品:
携帯電話、ハイドレーション、浮力体、行動食、お金

 


River Do! Is Taking Part in the Worldwide SUP Event Molokai 2 Oahu × River Do! Paddling Around the Hiroshima-city Challenge

 

Molokai 2 Oahu Paddleboard World Championships is the world's most challenging paddle race dedicated to honor the spirit and accomplishments of early Polynesian voyagers navigated thousands of miles of open ocean guided by nothing more than currents, wind and stars. However, this world-class Molokai Channel crossing race has been cancelled for 2020 due to the new coronavirus crisis.

 

Thus, a Molokai 2 Oahu Paddleboard World Championships virtual edition (the M2O 2020 Virtual Edition) will be held in its place this year. The M2O 2020 Virtual Edition is an event where paddlers all over the world will paddle 16-mile (25km) race anytime, anywhere, with any craft during July 24th-26th weekend when the race was supposed to take place.

 

This M2O 2020 Virtual Edition is a fantastic and wonderful effort that allows paddlers all over the world to share the spirits of the top-class athletes paddling across the Molokai Channel and celebrate connections among the ocean, nature and fellow human beings.

 

This year, Hiroshima will commemorate the 75th anniversary of the atomic bombing. The people here have survived the tragedy of atomic bombing, which left the city completely desolate so that some people speculated that nothing would grow on earth for the next 75 years. Let's show the world that the peace and the power of people will prevail through the act of paddling.

 

All the participants will meet in front of the Atomic Bomb Dome to start the race. Challenge yourself, do your best and enjoy the event.

 

We believe that beyond rough water of the new coronavirus crisis lies a blue serene ocean. Let’s get there with the fellow paddler all over the world!

 

●Schedule:

 

July24 (Friday) Sports day

7:30 Meet at the west bank of the Former Hiroshima Municipal Baseball Stadium

8:00 Start in front of the Atomic Bomb Dome

 After paddling the circle of each division’s course, the goal is the gangi on the west bank of the Former Hiroshima Municipal Baseball Stadium

 

July 25 (Saturday)

Optional

 

●Note: 

 If you have the official Molokai2Oahu T-shirt and cap, you can paddle with the Molokai2Oahu/River Do! collaboration sticker and button.

 Race participants can paddle while monitoring progresses of all registered paddlers using the mobile NAVItabi application.

 The emphasis is on community participation. The race is not for competition:  enjoy the race by keeping your own pace and taking appropriate breaks.

 Please note that the organizer assumes no liability whatsoever for any problem or damage that might occur during the event as participation is voluntary.

 Please take personal responsibility for safety and taking measures to avoid heat stroke.

 If you discontinue the race, you must notify the event organizer.

 

(An emergency contact number during the race:  082-234-1144. A call is forwarded to a cell-phone of a person in-charge of overseeing the race.)

 

What to bring

Cell phone (smart phone), water bottle, floating device (life jacket), snacks, etc.

 

●8mile/12.8kmクラス

8:00に原爆ドーム前をスタートして、元安川を下り宇品へ。通称、市内一周と言われている反時計回りのコースですが、今回は広島駅前から猿猴川に入り猿猴橋の橋脚を回って再び京橋川にもどり白島を経由して旧広島市民球場跡地西側河岸の雁木のゴールを目指します。

所要時間:2時間~3時間半

●16mile/25.7kmクラス
8:00に原爆ドーム前をスタートして、本川を下りいったん海に出たあと天満川を登って横川へ、もう一度原爆ドーム前を通過して元安川を下り宇品へ。さらに京橋川を上り広島駅前から白島を回り旧広島市民球場跡地西側河岸の雁木のゴールを目指します。
所要時間:4時間〜6時間



ヨガでつながるRiver Do!

ソトヨガ おりづるタワーで開催しました。

コロナ禍により人々のつながりが気薄になっていることからココロとカラダの結びつきの大切さをあらためて感じていただくために、心地よい川風が渡り、ウイルスからも距離をおけ、広島の美しい街並みや太田川を見下ろすことができるおりづるタワーの最上階”広島の丘”でソトヨガを開催しました。ハンドパンとシタールの生演奏を聴きながらヨガで気持よく一日を始められました。

ヨガを体験したことのない方もご参加いただき楽しいイベントとなりました。ヨガの後はみんなでコロナや災害からの復興、平和の祈りを込めた鶴を折って、折り鶴の壁に投入させていただきました。

 

おりづるタワー

https://www.orizurutower.jp 


River Do! Practice Yoga and Connect

Soto Yoga (Outdoor Yoga) at Hiroshima Orizuru Tower

We are hosting a yoga practice outdoor (RiverDo! Waninare Hiroshima, Soto Yoga) in the roof observation deck "Hiroshima Hills," top floor of the Orizuru Tower where we can distance ourselves from a current new coronavirus situation, feel gentle breezes from the river, and see the panoramic views of Hiroshima-city and Ōta River.

 

There, we can affirm the importance of mind and body connection while the society is losing human connections due to the physical distancing and isolation to mitigate the new coronavirus.

 

Let’s start the day with a yoga practice while listening to hand-pan and sitar live performance. Please come to join a practice in this special location even if you have never tried yoga before.

After yoga, everyone will fold a crane with prayers for recovery from the COVID-19 crisis, and pray for peace, and place them in the wall of other folded paper cranes.

 

Waninare (come to join a circle) Hiroshima!

We wish to feel the peace of mind and body with you.

 

Fee: ¥3000 (Please pay at the entrance at the event. Please, have exact change ready.)

Capacity: 30 people

Schedule: Sprts Day, Friday, July 24, 2020

Main venue: west bank of the Former Hiroshima Municipal Baseball Stadium

Venue for Yoga: "Hiroshima Hills," top floor of the Hiroshima Orizuru Tower

8:30-8:50 Reception Time. You can enter the tower from the north exit (next to the wall of Orizuru) on the Densya-Dori  side.

Note: If you are late for the reception time, you cannot enter the building.

9:00-Practice start

10:30-Practice end

 

Note:

Please, complete admission at least 15 minutes before the practice time.

You can change your clothes in the washrooms of the Orizuru Tower.

Please, manage your valuables on your own.

A person younger than a junior high school student must be accompanied by a guardian.

Please, wear a mask inside the building.

Please, refrain from joining if you have cold symptoms such as a fever or cough, or if you are not feeling well.

Keep plenty of space between you and other persons and enjoy.

 

What to bring

Towel, water bottle, yoga mat (rental is available: 200 yen), mask (a must)

Hiroshima Orizuru Tower

https://www.orizurutower.jp


SUPヨガ

水の上でヨガを楽しむことができるサップヨガは水面に近くてゆらゆら揺れるボードの上で、自分の体幹力もチェックするように自然と溶け込むのがポイント!新しいヨガの楽しさを発見しましょう。直射日光を避けるため空鞘橋の下の日陰で行う予定です。


12:00〜13:00 

定員10名

¥3000

 

 

SUP Yoga

You can enjoy yoga practice on the water. On the board that gently sways near the surface of the water, test your core strength while merging into the natural surroundings through your yoga practice. Discover the new joy of yoga. The event will take place in the shade under the Sorazayabashi bridge to avoid direct sunlight.

 

Time: 12:00-13:00

Capacity: 10 people

Fee: ¥3000

SUP体験会

誰でもどなたでも!サップ体験できます。まずは乗ってみよう!経験豊富なスタッフがレクチャーしていきます。

 

 

 


1部:9:00〜10:00

定員 8名
2部:10:30〜11:30
定員 8名

¥2000

 

 

SUP Trial Sessions

Anyone can participate! You can try paddling SUP. Let's get on a board! Experienced staff will assist you and give a basic lesson.

 

First session: 9:00-10:00

Capacity: 8 people

Second session: 9:00-10:00

Capacity: 8 people

Fee: ¥2000



リバークルージング

ひろしまの川の上を船で楽しくクルージングできます。ご予約は下記リンク先から。


リバーシークルーズ / 雁木タクシー 

 

 

 

River Cruising

You can enjoy cruising by boat on the river in Hiroshima. Click the link below for details

River Sea Cruise, / Gangi Taxi

リバーサイドマルシェ

リバーサイドで様々なフードを楽しめられます。ショップ詳細は近日公開!


10:00〜

 

 

 

Riverside Cafes

You can enjoy various foods on the riverside. Shop details coming soon!

10:00〜



Wake Surfingデモンストレーション

川でサーフィンを体験してみる


13:00〜14:00

 

 Wake Surfing (River Surfing) Demonstration

Experience riding a wave in the river.

 13:00〜14:00



 みんながつながるマイ "#RiverDo!" 

Do something to enjoy the waterfront! My “River Do!”

おもいおもいに"River Do!"しましょう。インスタグラムに下記のタグをつけて楽しいマイRiverDoを投稿してください。

My “River Do!” Please, enjoy the riverfront in your own unique ways and post photos on the Instagram with one of the following tags:

#riverdo!

#輪になれ広島

#AnythingGoes

#M2OVirtual

#おりづるタワー

会場アクセス

Access

開催場所:市民球場跡地西側河岸

Main Venue: West Bank of the Former Hiroshima Municipal Baseball Stadium

*ご来場の皆様へお願い
・状況に応じてマスクの着用をお願いします。
・熱や咳などの風邪の症状や、体調がすぐれない方は来場をお控えください。
・十分なスペースをとって川辺を楽しみましょう。

 

Note:
- Please, wear a mask when appropriate.
- Please, refrain from the events if you have cold symptoms such as fever or cough.
- Please, observe the social distance and enjoy the riverfront.